ラジオ体操の効用

毎朝ラジオ体操をしていますというと多くの方が怪訝な顔をします。

多くの方にとってラジオ体操のイメージは、夏休みの小学生が出席カードを首からぶら下げて、というものかもしれませんから、ラジオ体操なんて何か効果あるの?あなたも暇な人だねえなんて思っているのかもしれません。

ところが最近テレビでもよく見かけるのが「ラジオ体操の効用」といったものです。

ラジオ体操を毎日継続することで、基礎代謝を落とさないための筋力維持ができるというのです。

この基礎代謝とは人間が生命を維持している状態で消費されるエネルギー、つまり動かない状態で、消費するカロリー量とも関係が深いのです。

チョット話がそれますが、若いころにはほっそりとした体形でスリムだったのに、社会人になってkら急に太りだしたとか、30代も半ばになってから急に太りだしてきて、できるだけカロリーを抑えた食事を意識しているけどいっこうに痩せないと感じる方も多いでしょう。

これは基礎代謝が落ちてきているからなのです。

運動不足や不規則な生活などいろいろな原因があるのですが、筋力が落ちると代謝が衰える、つまりエネルギーを燃やす代謝を維持するには筋肉を落としてはいけないというわけです。

言い換えれば、エネルギーを燃やすには筋肉が必要だということです。

筋肉量を落とさないためには、有酸素運動を毎日継続して短時間でもいいので続けることが大切です。

ラジオ体操はお部屋でもできる有酸素運動ですから、忙しい方でも続けやすく、毎日1回でも必ず行うことで長い目で見れば必ず結果が出るのです。

ダイエットや健康維持のために何か運動をしようと考える方に多いのがジョギングです。

ジョギングはシューズさえあれば誰にでもできるものですが、有酸素運動というよりもかなり激しい部類の運動となってしまうため、体にも相応の負担が生じるのです。

ヘルシーに毎日を過ごすためにはやはり活性酸素の生成はできるだけ抑えたいですからあまり激しいスポーツはお勧めできません。

ラジオ体操は正しい方法で行うことができれば呼吸も乱れずにとても素晴らしい有酸素運動になります。

オススメはテレビ画面で正しい方法を確認しながら行えるテレビ放送の体操です。

NHKテレビではインストラクターが正しいフォームで見本を見せてくれるのでオススメです。