発酵食品のチカラ

発酵食品を毎朝の朝食に積極的に取り入れるようにしています。

洋食ならヨーグルトやチーズ、和食ならぬか漬けや味噌汁、納豆といったところでしょうか?

やはり和食のほうが発酵食品多いようですし、日本人にはやっぱり和食が最もしっくりくるなあと実感しています。

今朝の朝食もご飯になめこの味噌汁、納豆にきゅうりとかぶのぬか漬け、塩麹づけの鮭焼き物です。

野菜が足りないかなと思い、あとからほうれん草の胡麻和えと焼きのりをプラス。

こうした朝食だとその日一日とっても体の調子がいいんです。

便通もするっと出ちゃって気持ちイイですし、すこぶる快調快便。

この体の調子の良さはどこから来るのだろうと思っていたら、発酵食品の豊富な酵素のおかげみたいですね。

酵素って体の各細胞の働きを活発にしたり、免疫力をアップさせる働きに優れているんです。

ですから、ここ数年、かぜ一つ引いたこともありませんし、たとえ夜遅くまで仕事をすることがあっても、ぐっすり眠れて翌朝にはスッキリ目が覚めるんです。

そして、また朝食でヨーグルトや納豆、ぬか漬けを食べることで再び体調をベストに持っていけるというわけです。

発酵食品の中で私が一番おすすめしたいのはぬか漬けです。

納豆を自分で作るという方もいらっしゃるようですが、なかなか手間がかかります。

ぬか漬けなら慣れてしまえば意外に手軽で、ぬか床の手入れさえしっかりしておけば、あとは旬の野菜に塩をまぶして漬け込むだけです。

手間と言えばそれは毎日ぬか床をかき混ぜることでしょうが、これは自分の中で毎日の生活の中で習慣にしてしまうのがいいでしょう。

私は今の時期の冬場なら大根やかぶをメインにきゅうりやキャベツ、夏ならきゅうりとニンジン、ナスがおすすめです。

こうして旬の新鮮な野菜をぬか漬けで食する事こそが私の健康を支えているといっても過言ではないのです。

発酵食品と毛穴ケアとはどんな関係があるのか?

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、腸内環境を良好にキープすることは美容の基本です。