コラーゲンたっぷりの料理で美肌になれるの?

毛穴ケアというと、毛穴に詰まった黒ずみ汚れをとる事や、毛穴そのものを引き締めることと思われがちですが、基本は保湿ケアです。

お肌は水分をたっぷりと保つことができれば、ふっくらとして柔らかくハリのあるお肌になります。

結果として毛穴もキュッと引き締まるのです。

保湿ケアというとコラーゲンやヒアルロン酸の配合された化粧水や美容液を使っているという方が多いのですが、これらの成分でお肌は潤いますが、うるおいを持続するには不十分です。

また、寒さが厳しくなると、食べたくなるのが鍋料理ですが、美容に意識の高い女性には、もつ鍋やすっぽん鍋、フカヒレ、鶏の水炊きなどが人気です。

たしかにこれらの食材にはコラーゲンはたっぷりで、お肌がぷるぷるになってハリも戻って毛穴も目立たなくなると思いがちです。

鍋料理は、おいしくて、栄養バランスもよく、体も温まるといいことづくめです。

そのうえ、コラーゲンたっぷりで美容にもGOODとなれば、毎日でも食べたいというところかもしれませんね。

でも、残念ながら、食べ物からとったコラーゲンは、そのままの形でお肌のコラーゲンとなるわけではありません。

食べ物に含まれるコラーゲンは、たんぱく質の一種です。

胃や小腸などの消化器官で分解されてアミノ酸となり、腸で吸収されて、血液を介して全身に送り届けられます。

食事で食べたコラーゲンがすべてお肌のコラーゲンとなるわけではないのです。

消化器官で分解されたアミノ酸を体のどの部分へ届けるかはホルモンが関係していて、自分で意図的にコントロールできるものではありません。

では、コラーゲンたっぷりの鍋料理を食べても意味がないということなのでしょうか。

そんなことはありません。

栄養バランスのよい鍋料理は美容と健康のためにとても良い食事といえます。

ただし、コラーゲンはあくまでたんぱく質の一種ですから、肉や魚、大豆などと同じなのです。

コラーゲンたっぷりのお鍋を食べても翌朝にすぐにお肌がぷるぷるになるわけではないのですが、長い目で見れば、お肌を健康的に保つために役立つと考えていいでしょう。

大切なのは、コラーゲンばかりを多く食べようとするのではなく、お肌のコラーゲンを再生させるために必要となるビタミンやミネラルなども必要になるので、栄養バランスを考えた食事を心がけることなのです。

その結果としてハリと弾力のあるお肌となって、毛穴もキュッと引き締まってくるというわけです。

ぜひあなたの毛穴ケアにもこの視点を取り入れてください。