「食生活」カテゴリーアーカイブ

毛穴ケアを意識した食生活についての記事です。

積極的に摂りたいDHA EPA

脂肪が太る原因とか、脂っこいものを食べるから毛穴が開くと考えられていることもあり、脂肪は美容の敵とさえ考えられているようです。

たしかに脂肪の摂り過ぎはいけません。

でも、脂質を極端に控えると、お肌がカサついたり、ひどい場合にはお肌のターンオーバーにも悪影響を与えてしまって、決して美容のためにいいとは言えません。

お肌はもちろん、私たち体のあらゆる部分は細胞でできていますが、この細胞の材料は脂質です。

つまり脂質が不足すると細胞がもろくなってしまいます。

そのため、美容という観点からだけでなく、健康も損なってしまいます。

脂質は不足なく摂りたい栄養素であるのですが、注意したいのは脂質の種類です。

私たちが日ごろの食事で口にする脂質は、肉類や乳製品に多く含まれる飽和脂肪酸と植物油や魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸に大きく分けられます。

これまで肉類の脂肪の飽和脂肪酸は、血液中のコレステロールを増やし、生活習慣病の原因になると考えられ、できるだけ控えるようにと言われてきました。

しかし、飽和脂肪酸は摂りすぎはよくありませんが、極端に控えるとかえって血管がもろくなったりすることで、脳出血を引き起こすといった報告もあるのです。

飽和脂肪酸に偏った脂質の摂取バランスはよくありませんが、肉類の摂取を極端に控えるのは健康を害してしまうのです。

現代人の脂質の摂取バランスは不飽和脂肪酸のなかでも、サラダ油や大豆油、コーン油などに多く含まれるオメガ6系と呼ばれるものに極端に偏っています。

オメガ6系の脂肪酸は、リノール酸を多く含みます。

リノール酸は私たちの体に欠かせない必須脂肪酸ですが、リノール酸は摂りすぎると体内で炎症作用が強くなり、アレルギー症状を強めたり、さまざまな病気の原因にもなるといわれています。

このリノール酸系の害を鎮める作用があるがα-リノレン酸であるオメガ3系の脂肪酸です。

魚の脂肪やえごま油、アマ二油などに多く含まれます。

現代人の食生活ではオメガ6系に極端に傾いているといわれているので、魚を意識して食べたり、ドレッシングの油にえごま油やアマニ油を使用するなどして、脂質の摂取バランスを調整することが大切です。

しかし、魚料理は自分で調理するにしても手間がかかるということもあり、なかなかとりにくいのが現実問題でもあります。

えごま油やアマニ油も値段が高いというデメリットがあります。

そこでお勧めしたいのが魚の脂肪から抽出したDHA EPAを飲みやすいサプリにしたものです。

DHA EPAサプリのおすすめはいろいろありますが、DHA EPAはどうしても不足しやすいので、サプリメントで補うのは理にかなっているとも言えます。

魚が苦手な方でも臭いなども気にならないので、上手に利用していただきたいアイテムと言えます。

コラーゲンたっぷりの料理で美肌になれるの?

毛穴ケアというと、毛穴に詰まった黒ずみ汚れをとる事や、毛穴そのものを引き締めることと思われがちですが、基本は保湿ケアです。

お肌は水分をたっぷりと保つことができれば、ふっくらとして柔らかくハリのあるお肌になります。

結果として毛穴もキュッと引き締まるのです。

保湿ケアというとコラーゲンやヒアルロン酸の配合された化粧水や美容液を使っているという方が多いのですが、これらの成分でお肌は潤いますが、うるおいを持続するには不十分です。

また、寒さが厳しくなると、食べたくなるのが鍋料理ですが、美容に意識の高い女性には、もつ鍋やすっぽん鍋、フカヒレ、鶏の水炊きなどが人気です。

たしかにこれらの食材にはコラーゲンはたっぷりで、お肌がぷるぷるになってハリも戻って毛穴も目立たなくなると思いがちです。

鍋料理は、おいしくて、栄養バランスもよく、体も温まるといいことづくめです。

そのうえ、コラーゲンたっぷりで美容にもGOODとなれば、毎日でも食べたいというところかもしれませんね。

でも、残念ながら、食べ物からとったコラーゲンは、そのままの形でお肌のコラーゲンとなるわけではありません。

食べ物に含まれるコラーゲンは、たんぱく質の一種です。

胃や小腸などの消化器官で分解されてアミノ酸となり、腸で吸収されて、血液を介して全身に送り届けられます。

食事で食べたコラーゲンがすべてお肌のコラーゲンとなるわけではないのです。

消化器官で分解されたアミノ酸を体のどの部分へ届けるかはホルモンが関係していて、自分で意図的にコントロールできるものではありません。

では、コラーゲンたっぷりの鍋料理を食べても意味がないということなのでしょうか。

そんなことはありません。

栄養バランスのよい鍋料理は美容と健康のためにとても良い食事といえます。

ただし、コラーゲンはあくまでたんぱく質の一種ですから、肉や魚、大豆などと同じなのです。

コラーゲンたっぷりのお鍋を食べても翌朝にすぐにお肌がぷるぷるになるわけではないのですが、長い目で見れば、お肌を健康的に保つために役立つと考えていいでしょう。

大切なのは、コラーゲンばかりを多く食べようとするのではなく、お肌のコラーゲンを再生させるために必要となるビタミンやミネラルなども必要になるので、栄養バランスを考えた食事を心がけることなのです。

その結果としてハリと弾力のあるお肌となって、毛穴もキュッと引き締まってくるというわけです。

ぜひあなたの毛穴ケアにもこの視点を取り入れてください。

良質なたんぱく質を摂ってしなやかなカラダへ

美しく健やかなカラダ作りは、運動と食事の両輪で育まれます。

運動を楽しむには適度な筋肉が必要です。

筋肉を作る良質のたんぱく質を摂って、軽やかにハツラツと動けるカラダを手に入れましょう。

さあ、何か運動を始めよう!と張り切ってみても、それまでこれといった運動の習慣がなかった方や、若い頃はスポーツを楽しんでいたけれど、最近は出かけるのも車中心なんていう方は、筋肉が衰えています。

ですから、思うように動けなかったり、疲れやすくて運動が面倒になり、続かなかったというケースも多いのです。

筋肉を作り維持するために必要な栄養素は、たんぱく質です。

良質のたんぱく質を含む食品を積極的にとり、筋肉量を増やすための筋肉トレーニングを始めましょう。

いきなりジョギングやウォーキングを始めても、筋肉が不足していると、実は期待するほどの効果を実感できないのです。

ダイエットや脂肪燃焼を期待して、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を始める方も多いのですが、私たちの体で脂肪を燃やしてエネルギーとして消費するのは主に筋肉です。

ですから筋肉が不足していると、毎日一生懸命ジョギングやウォーキングをしても、期待するほど脂肪が燃焼されないことになります。

また、筋肉量が増えると基礎代謝が上がり、太りにくくやせやすい体質になります。

若い女性には、肉や脂肪を極端に控える栄養バランスの偏ったダイエット法を試みる方がいらっしゃいますが、ダイエット中でもきちんと良質のたんぱく質を摂り、軽い筋肉トレーニングを続けて筋肉を減らさないようにしましょう。

また、たんぱく質を構成するのはアミノ酸です。

アミノ酸が不足しがちだと感じた時は、アミノ酸を含むサプリメントなども上手に活用しましょう。

良質なたんぱく質を含む食材をそれぞれ見ていきましょう。

牛肉:
部位によって成分バランスがかなり異なりますが、カロリーが気になる方は脂身の多いバラやサーロインではなく、ヒレやももなど赤身がおすすめです。

豚肉:
ビタミンAやB群も豊富ですが、カロリーを考えるならばヒレやももがおすすめです。しかし、豚肉はバラやロースに独特のうまみがありますので、脂を取り除くなど工夫次第でカロリーを落とすことは可能です。

鶏肉:
良質なたんぱく質が豊富です。

ささみや胸肉は特に脂肪が少なくヘルシーです。

ただし胸肉も皮には脂肪が多いので、食べすぎには注意が必要です。

鶏卵:
9種の必須アミノ酸を含み、経済的で優れたたんぱく源と言えます。
ビタミン、ミネラルも豊富で、毎日の食卓の中で積極的に摂りたい食材の代表です。

青魚:
魚はどれも良質なたんぱく質が豊富ですが、特に青魚は血液の流れをサラサラにするEPAやDHAも豊富に含まれていておすすめです。

白身魚でもサーモンや旬の時期のマダイなど脂肪の多い魚はEPAとDHAが豊富です。

納豆:
高たんぱくで低カロリーである上に発酵食品なので、豊富な乳酸菌が腸内環境を良好に保ってくれます。

大豆を納豆菌の力で発酵させることで生まれる納豆特有の酵素、ナットウキナーゼが豊富ですが、これが血液の固まりである血栓を溶かして血液をサラサラにする効果が世界的にも注目されています。

酵素と体調管理

「なんか最近体調が思わしくない・・・」「どうもここ一番の頑張りがきかない・・・」「疲れがなかなか取れなくて・・・」

こんな方は酵素が不足しているからかもしれませんね。

風邪を引きやすかったり、肩こり、冷え性、疲れやすいといったからだのさまざまな不調の原因に体の中の酵素が不足していることが原因と考えられます。

酵素には外部からのウイルスや細菌の攻撃から体を守り、体の免疫機能を正常に機能させる働きがあります。

また体の中で発生してしまった有害物質や病原菌などを無害化する働きもあります。

動物園で飼いならされた動物よりも野生動物のほうが病気になりにくいというのをご存知でしょうか?

これは野生動物は草や肉類を生のまま摂取していて、酵素をしっかりと補給しているからだといわれています。

酵素は熱に弱く、53度以上で加熱すると死んでしまうといわれています。

野菜や魚は出来るだけ生で食べることで酵素を補給できるのです。

ただし生ですとどうしても量を食べることが難しくなりますから、すべて生で食べると考えるのではなく、加熱したものと生のものとをバランスよく取り入れることが大切です。
酵素って何?

最近女性誌やファッション誌でも話題の酵素ダイエットですが、「酵素って何?」という方も多いでしょう。

「酵素ってあの洗濯洗剤とか入れ歯の洗浄剤なんかに入ってない?」

確かに洗剤なんかの洗浄成分に酵素は入っていますね。

酵素とは動物や植物など生命が生きていくうえで欠かせない栄養素です。老廃物を除去したり、体に有害な物質を無害化したり、体の各臓器の機能を正常に機能させたりと酵素がなければ人間は生きていけないのです。

この酵素にも色々な種類があって、体に元々備わっている消化酵素や代謝酵素と食物から取り入れる食物酵素があります。

体に元々備わっている消化酵素や代謝酵素は年齢を重ねるにつれて徐々に減っていくので、食物酵素で補給する必要があります。

体の調子を良好に保ち、老廃物を除去してきれいにやせるためには酵素をしっかりと補給してあげる必要があるのです。

酵素の豊富な食物を意識して食事を摂っていると、代謝酵素がしっかりと働いて腸内環境が正常化してお肌もきれいになりしっかりとやせることができるのです。

発酵食品のチカラ

発酵食品を毎朝の朝食に積極的に取り入れるようにしています。

洋食ならヨーグルトやチーズ、和食ならぬか漬けや味噌汁、納豆といったところでしょうか?

やはり和食のほうが発酵食品多いようですし、日本人にはやっぱり和食が最もしっくりくるなあと実感しています。

今朝の朝食もご飯になめこの味噌汁、納豆にきゅうりとかぶのぬか漬け、塩麹づけの鮭焼き物です。

野菜が足りないかなと思い、あとからほうれん草の胡麻和えと焼きのりをプラス。

こうした朝食だとその日一日とっても体の調子がいいんです。

便通もするっと出ちゃって気持ちイイですし、すこぶる快調快便。

この体の調子の良さはどこから来るのだろうと思っていたら、発酵食品の豊富な酵素のおかげみたいですね。

酵素って体の各細胞の働きを活発にしたり、免疫力をアップさせる働きに優れているんです。

ですから、ここ数年、かぜ一つ引いたこともありませんし、たとえ夜遅くまで仕事をすることがあっても、ぐっすり眠れて翌朝にはスッキリ目が覚めるんです。

そして、また朝食でヨーグルトや納豆、ぬか漬けを食べることで再び体調をベストに持っていけるというわけです。

発酵食品の中で私が一番おすすめしたいのはぬか漬けです。

納豆を自分で作るという方もいらっしゃるようですが、なかなか手間がかかります。

ぬか漬けなら慣れてしまえば意外に手軽で、ぬか床の手入れさえしっかりしておけば、あとは旬の野菜に塩をまぶして漬け込むだけです。

手間と言えばそれは毎日ぬか床をかき混ぜることでしょうが、これは自分の中で毎日の生活の中で習慣にしてしまうのがいいでしょう。

私は今の時期の冬場なら大根やかぶをメインにきゅうりやキャベツ、夏ならきゅうりとニンジン、ナスがおすすめです。

こうして旬の新鮮な野菜をぬか漬けで食する事こそが私の健康を支えているといっても過言ではないのです。

発酵食品と毛穴ケアとはどんな関係があるのか?

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、腸内環境を良好にキープすることは美容の基本です。

栄養バランスもよく体が温まる鍋料理のすすめ

nabe

毎日寒くて、夕食には何はともあれあたたかい物を作っています。

毛穴ケアのためには、血液やリンパ液のめぐりをよくすることも大切ですから、温かいものを食べて、体の中から温まることは大切です。

でも、週末の家族がそろった時は、お鍋にするのが簡単で便利だよと、友人に言われました。

確かにそのとおりです。

今は結構、スープも色々な味があるので、そのときの気分に応じて何種類かのモノを準備しておけば、選ぶ方も楽しめます。

先日、友人と買物に行った時、カレー鍋の素をすすめられたので、買ってみました。

とはいえ、鍋にするとしても、支度をして、片付けるのでさえもめんどくさく感じる時があり、なかなか腰が重いのです。

でも、日曜日に朝から一日外出し、帰宅して、買物に行くのもめんどくさく、どこかで外食するのもめんどくさく、鍋を出すのもめんどくさかったのですが、消去法をすると、一番めんどくさくないのが鍋でした。

なんだか、こんな方法で鍋をいただく事にするのは、鍋に対してちょっと失礼な気もします。

とりあえず、選ぶ楽しみも何も、カレー鍋の素しかなかったのでカレー鍋にすることにしました。

鍋の材料として色々と表示されてもいましたが、家にある材料のみで、どうにかしました。

何と言っても、買物がめんどくさかったのです。

キャベツ、白菜、お麩、豆腐、玉ねぎ、にんじん、ジャガイモ、豚肉、ソーセージ…。と、ほぼメチャクチャ…。でも、案外コレはコレで違和感なく、いい感じにできました。そして、時々、チーズ。

カレーって、案外どんな野菜とも合うんですね。その中でも、ソーセージが一番人気で、あっという間になくなってしまって、もっと食べたい、とのリクエストさえありました。

もちろん、ソーセージを買いに出かけるなんて事は、しません。めんどくさいので。

鍋にしなくてもソーセージって人気なのかもしれませんが…。そして、最後のしめに、ラーメンを入れると、あっという間に完食。

途中で、汁気がなくなってしまい、水とカレーのルーを足しましたが、かなりみんなの箸が進み、私としても嬉しく思いました。全部、カレー鍋の素のおかげ。

そして、何より、このめんどくさがりなところが、功を奏したとでも言いましょうか…。そうなると、めんどくさがりな私のおかげ。

毎日の食事作りは、本当にめんどくさくなるときがあります。

でもたまには、買物に行かず、外食もせず、家にある物でなんとかする、と決心すると多分3食くらいは案外どうにかなるんですね。

そうすると、冷蔵庫の中の物も片付くので、一石二鳥です。家族からは嫌がられるかもしれませんが、どうせ鍋を出したなら、しばらく色々な鍋を楽しむのも良いかもしれませんね。

鍋料理は意外と野菜が食べられますし、体も温まって毛穴ケアだけでなく、美容と健康のためにもピッタリのお料理と言えますね。